肥満は自分の食生活のだらしなさが現れた結果です。そのままの生活を続けるとさらに悪化し、自分の体調にも悪影響が及びます。肥満はある意味病気と言えます。当サイトでは肥満を解消する方法や肥満のデメリットを解説します。

肥満対策、トマトジュースを10日間続けてみよう

肥満は老若男女問わず健康面に悪影響を及ぼします。
美を意識する女性であれば体型の事を考えダイエットをしたことがある人も多いと言えます。
絶食や過度な食事制限は一時的には痩せますが、栄養不足などにより体調を崩したりして健康面に悪影響を与えたり、リバウンドにより以前より太ってしまう事も少なくはありません。
健康的なダイエット方法としては、バランスの摂れた食事と運動をすることです。生活スタイル等により時間が無く、規則正しい生活や食事をとることが出来ない人でも簡単に出来る方法として注目されているのがトマトジュースを飲んでダイエットする方法です。
トマトはリコピンという抗酸化作用を持つ成分が含まれています。アンチエイジングなどの美容に効果を発揮する事で知られていますが、脂肪を燃やす成分リノール酸も含まれています。生のトマトよりもトマトジュースの方が多くリノール酸が含まれています。
トマトジュースを1日3回、200mlずつ朝、昼、晩に飲むだけで良いです。トマトジュースだけではなく、食事で野菜や海草類、果物、魚類、肉類とバランスよく栄養補給することも忘れてはいけません。
野菜ジュースやトマトジュースは意外に塩分が多く含まれています。飲み続けることで逆に太ってしまう場合や血圧が高くなる恐れがあるので必ず食塩無添加のものを選ぶようにしましょう。
冬場などは温めて飲みたいところですが、リノール酸は酸化しやすく熱に弱い特徴のため温めずに、常温か冷たいものを飲むようにしましょう。
運動をする前にトマトジュースを飲むことで脂肪が燃焼しやすくなりますので、運動時の脂肪燃焼率が高まる効果が期待できます。
痩せ期は5日から14日と言われています。個人差はありますが、トマトジュースを飲み、運動をしていれば10日間程度で効果が出始めます。