肥満は自分の食生活のだらしなさが現れた結果です。そのままの生活を続けるとさらに悪化し、自分の体調にも悪影響が及びます。肥満はある意味病気と言えます。当サイトでは肥満を解消する方法や肥満のデメリットを解説します。

肥満の判断基準とは

近年の日本では、若い女性をのぞいて、すべての年代の男女は、太り続けているといわれています。
肥満とは、体重だけでなく体に占める脂肪組織の割合が正常より高いかどうかによって判断されます。
体脂肪率が、男性で25パーセント、女性で30パーセント以上の場合、肥満とされ、体重だけをみると痩せていても体脂肪率が高いと肥満ということになります。
こういった筋肉量が少なく脂肪組織が増えている隠れ肥満は、若い女性や、中高年の人に多くみられ、学生時代スポーツマンだった人がスポーツをやめてしまうと、体重を同じ程度に保っていても、中身が変わっているということが少なくありません。
体脂肪率を測るには、CT法やMRI法などいくつかの方法がありますが、身長と体重から体格指数を求めて、肥満の測定を行う方法もあります。
体脂肪率と相関する指数として、広く使われているBMIは、体重を身長の二乗でわり算して求めます。
日本人の標準は22~24未満で、18.5未満の場合痩せ、18.5~25未満だと標準、25~30未満が肥満、30以上が高度肥満という判定になります。
このBMIが25を越えた場合、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなりますから、標準体重の維持につとめることが大切です。
肥満は体重に占める脂肪の割合で判断することが大切で、痩せて見える人での体脂肪率の高い人は少なくありません。
また太って見える人でも体脂肪率が低い人は、筋肉質といえます。
体重を落とそうとダイエットを行う人がいますが、たとえ体重を減らしても、筋肉量を減らしてしまうと見た目には痩せていても、体内の脂肪量には変化はなく、健康を損なう危険性もあります。