肥満は自分の食生活のだらしなさが現れた結果です。そのままの生活を続けるとさらに悪化し、自分の体調にも悪影響が及びます。肥満はある意味病気と言えます。当サイトでは肥満を解消する方法や肥満のデメリットを解説します。

肥満と骨粗しょう症と10日間の運動

肥満になればなるほど、人間の体は、運動を行わなくなる、と言われています。
これは、やはりお肉が体に付きすぎてしまうと、体が動かしにくくなると同時に、太った体を意識したくない、という心理的な葛藤が働くためです。

また、運動を行うにしても、肥満過ぎる場合には、危険が伴うことが多く、その結果、ますますジョギングなどの運動や、プールでの軽い運動さえも、億劫になってしまう、という悪循環が生れてしまいます。

そのため、ほぼ1日をただ食べるだけの時間に費やしてしまう人も多く、特にアメリカなどでは体重が200キロを超える人も、決して少なくありません。
そして、あまりにも肥満になってしまうと、食生活も改善などを見直す意識さえもなくなってしまい、ポテトチップスやピザ、甘いジュースやチョコレート、クッキーなどの、甘いものばかりを食べるようになりがちです。

そのため、人間の体をしっかりと形成してくれるたんぱく質などの成分が入った食べ物を食べないようになり、またカルシウム不足となることから、骨粗しょう症になってしまう人が、とても多いのです。

このため、せめて10日間の間だけでも、運動などをしっかりと行い、食生活の見直しなどをすると、とても意識が変わることがあります。

この10日間というものが大きな点であり、1か月というと、とても行う気になれないものですが、10日間という短い間であれば、食生活の見直しなども行い、野菜生活を中心とした、ダイエットメニュー、また、骨粗しょう症にならないように、カルシウムがしっかりととれるメニューなどを、組み込んで、ダイエットを行うことが出来ます。

一度、このようなメニューを食べて、減量などが出来ると、体の軽さを感じ、うまくいけば大規模なダイエット成功にもつなげることが出来るのです。